スポンサーサイト

→今日の人気K-POPブログは?
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









■過去記事をご覧になりたい場合は、ページ下部の「次の記事」をクリックして頂くと、すべての記事を順番に見ることが出来ます。

■カテゴリ「その他ネタ」は複数のアイドルを取り上げた記事や、その他のK-POPアイドルなどを取り上げています。お目当てのアイドルの記事もあるかも知れませんので過去記事もぜひご覧になってみて下さい。

■ランキングをポチッ!としていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ






カワイイ春の新作ワンピ

OKRAフラワープリントニット
ワンピ @3Color

30代女子春コーデ
\500円~/
新作SALE

OKRAルーズフィット
Tシャツ/ロンT/K-POP

K-POP コス シャイニー
オールインワン ダンス衣装

おソロでも!色違いでも!
カラフルプリント
セットアップジャージ

美脚をアピっちゃお
チェーン使いショパン

3シーズン活躍
スウェットトレーナー
レディース韓国ブランド

放送局一気に4局増加でアイドル供給体制は?

→今日の人気K-POPブログは?
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国でこの12月1日より、総合編成チャンネルが一気に4局増えたことは皆さんもお聞きになられているかと思います。


「総合編成チャンネル」とは、ニュースからドラマ、バラエティといった様々なコンテンツを提供することができる放送局のことで、いわゆるニュース専門チャンネルとかドラマチャンネルとか映画チャンネルといった専門分野に特化していない放送局のことを指します。



20111203134140330.jpg



このたび開局したのはJTBC、MBN、channnelA、朝鮮テレビの4局。


日本の放送局も似たような構造ですが、この4局は東亜日報・毎日経済・中央日報・朝鮮日報といった新聞社が大株主となって認可を受け開局しています。


ちなみに今回の開局に当たり、日本のテレビ局であるテレビ朝日は、JTBCに130億ウォン(約9億4000万円)を出資(比率3.08%)したそうです。


日本の主要放送局が外国の放送局に直接出資した前例はほとんどないのですが、テレビ朝日はこの提携関係を軸に今後韓流コンテンツの獲得に優位性を発揮していくのでしょうか。


それ以上に、日本の番組が韓国で流れるなんていう歴史的なことが起きたりするのではないかという声も聞こえてきたりします。




この4局はすべてケーブルテレビなのですが、韓国はケーブルや衛星放送の視聴料がとても安価で、ほとんどの世帯が視聴可能な環境に有る(一説では80%とか?)そうで、あまり既存の地上波に対して不利なところは無いようです。


ケーブルテレビ局は基本24時間放送であるため、既存の地上波には新たな脅威になるとの報道もされていますが、今のところ(といっても始まったばかりですが)視聴率は「1%の壁」と言われるほどに各局ともまだまだ認知を広げるといった段階です。


今月5日から11日までの4社の世帯平均視聴率が0.3%台という数字で、順位でみるとJTBCが0.389%と、0.341%を記録したMBNをわずかな差で押して首位。チャンネルAが0.287%でその次、TV朝鮮が0.272%と4社のうち最下位という結果だそうです。




99097_90244_1553.jpg
去る2日から12日までの4局の平均視聴率推移。有料加入世帯基準(資料= TNmS、メディアトゥディ)




さて、当然ながら各局ともいま最も勢いのある音楽番組には力を入れていて、いきなりの番組増加で我々も情報を追いきれていない状況なんですが、なかでもMBNは企画の新鮮味で一歩先を行っているようです。


MBNの音楽プログラムは「Show!K music」という番組で、土曜の午後7時からの放送。


毎回約20組ほどの人気アイドルが出演する音楽番組なのですが、この番組では「K-POPを親子で楽しむ」をコンセプトに掲げ、番組内でもそういった「K - POPを一緒に楽しむ家族の話を紹介する」としています。


これまで10代の若者の専有物と考えられていたアイドルの音楽を「全世代が一緒に楽しめるように牽引したい」というのがプログラムの売りであり、事実、他と際立っている特徴として、客席の世代層が10代の若者だけでは無く40~50代の中高年層が多く目立っているということです。


これは、親同伴で来た観客たちはステージのより近くの席を先に割り当ててくれるためだそうで、どこかの国のアイドルのコンサートで後ろの方におっさんまとめられるとか、そんな差別は無いみたいです(笑)


冗談はさておき、このような形ですから「子供と一緒にお気に入りの音楽を共有できるようになった」とか「いままでは歌謡番組観覧に行くと両親に言うと、遅い帰宅時間のせいで反対されたりしたが、今は私の好きな歌手を母親も一緒に聴き、家に帰ってからも観覧の話を交わすことができる」など、とても好評のようですね。


韓国でK-POPを聴くのはもっぱらティーンエイジャーであり、大学生にもなると卒業なんだそうで、このあたりは日本とは異なる点であり「意外と現地の同世代の人と話が通じない」なんて話を良く聞きます。


そういった意味では新しいコンセプトであり、内需拡大という部分でも意味のある試みなんじゃないですかね。


余談ですが、HISで早くもこの「SHOW K MUSIC 観覧ツアー」なんて商品が出ていて驚きました。




111122_LOGO.jpg



JTBCは歌番組ではありませんが、少女時代がMCを務める「少女時代と危険な少年たち」で、少女時代のメンバーが不良少年たちにダンスの振付を指導するというその番組内容や、シークレットのジウンが「芸能界にもいじめがある!」と爆弾発言‎したクイズ番組「クイズショー アイドル時事会」、T-araのウンジョンが、週末特別企画ドラマ「仁粹大妃」で初めての入浴シーンを公開した、など、その企画力で連日マスコミを賑わしています。




一度に4局が同時開局した訳ですから、当然のことながら重要に供給が追いつかないという現象も起きて来る訳で、早くも、Mnetの「Mカウントダウン」とJTBCの「ミュージックオントップ」で人気歌手の獲得競争が起きているとも報じられています。


さる22日午後6時から生放送された「エムカ」のクリスマス特集では、ワンダーガールズ、少女時代、アフタースクール、エイピンク、スーパージュニアのドンヘとウニョク、トラブルメーカー、ボーイフレンドなどが出演。


一方で同日の 午後6時45分から放送された「ミュージックオントップ」は、これまたクリスマス特集というコンセプトで、ワンダーガールズ、シスター、ラニア、ノラジョ、ショコラ、G. NA、ダブルA、X - 5などが出演。


前の週の放送では獲得競争の優劣が如実に現れたとして、 ガールズグループ特集を掲げた「ミュージックオントップ」に、少女時代以外のほとんどの人気女性グループや歌手たちが登場する一方、この日エムカはCJ所属歌手らとスーパースターK出身の歌手たち中心のラインナップであったため「今週は少しエムカが挽回した」などの言われ方をしているようです。




201112081743777349_1.jpg




かねてよりこの4局の開局を睨んで各芸能企画社は新人の大量投入を図って来たとも言われています。


また、以前ブログにも書きましたように、韓国テレビ局(既存の地上波3局)の芸能界に対する力は絶大と言われてきました。


まだまだ1%の壁というレベルで影響力云々でもありませんが、いずれはテレビ局と芸能界の力関係にも変化が出て来るのではないでしょうか?




はい、わたしからは以上です!
関連記事









■過去記事をご覧になりたい場合は、ページ下部の「次の記事」をクリックして頂くと、すべての記事を順番に見ることが出来ます。

■カテゴリ「その他ネタ」は複数のアイドルを取り上げた記事や、その他のK-POPアイドルなどを取り上げています。お目当てのアイドルの記事もあるかも知れませんので過去記事もぜひご覧になってみて下さい。

■ランキングをポチッ!としていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ






カワイイ春の新作ワンピ

OKRAフラワープリントニット
ワンピ @3Color

30代女子春コーデ
\500円~/
新作SALE

OKRAルーズフィット
Tシャツ/ロンT/K-POP

K-POP コス シャイニー
オールインワン ダンス衣装

おソロでも!色違いでも!
カラフルプリント
セットアップジャージ

美脚をアピっちゃお
チェーン使いショパン

3シーズン活躍
スウェットトレーナー
レディース韓国ブランド

気軽にコメントして下さい

非公開コメント

プロフィール

まさじん

Author:まさじん
まさじん
家族の冷たい視線にもめげずK-POPを愛するオジサンです。広く浅くの雑食系。少女時代はそろそろ殿堂入り。SHINee、MBLAQ、f(x)、AFTERSCHOOL、T-ara、SECRET、Rainbow、GsD、Nine Muses・・日々増殖中です。
ツイッターでブログ更新のお知らせやK-POP速報などつぶやいてます。

ブログ内検索
アーティスト名やその他キーワードで検索してみて下さい
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別バックナンバー
Twitter
PR
楽天
最新コメント
PR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。